2012年08月20日

黄菖蒲



黄菖蒲


草原と化した道の草むら深く
黄菖蒲の一本咲きぬ
その花のときめき
我待ちてそ咲きあれ
夕陽さし沈む光に
棚引く雲を染めあげてゆく
草雲雀鳴きあいつつ今日も暮れぬ
タンポポの綿毛が風に流れとび
蝶は舞い遊び疲れて草むらに眠りぬ
月はやさしく出でて見守りぬ

posted by 老鶯 at 20:28| Comment(0) | 花の詩

2012年08月14日

芙蓉と揚羽蝶


fuyouchouuuuu11.jpg


芙蓉と揚羽蝶

芙蓉の花の大きく広らかに
朝に舞いきて揚羽蝶去りぬ
その色深くつつまれて
揚羽蝶の優雅に舞いて去りぬ
赤と桃色と白と・・・とゆうたりと
芙蓉はおおらかに淀みなく咲きぬ
その花にうっとりとして
夢心地に過ぎる時かな
人は何故にただ追われるのみや
この世にあるも短きを
その時を惜しむべし
赤と桃色と白と・・・・・
その花の心ゆくまで咲きにけるかな


芙蓉の詩
http://fuyoshop.ti-da.net/e3023732.html

この詩は芙蓉をそれなりに特徴をとらえている
わかったことは詩は有名な人でなくてもいい詩を書いている人がいる
それは全く読まれもしないのが詩だった
それが検索で多少よまれるようになった

過去の詩でも有名な人の詩も読まれていないのが詩だった
詩を書くにそうした詩を参考にする必要があった
その詩の本は買うこともできなかった
アマゾンで古本などで最近集めた

この詩も芙蓉をテーマにしたとき参考になる




 
posted by 老鶯 at 20:35| Comment(0) | 花の詩

合歓の花の咲く処

 
合歓の花の咲く処


風にそよぎて
合歓の花なお咲きぬ
夏の陽差しは明るく
揚羽蝶舞いたわむれ
飛ぶ鳥の影のとく過ぎて
でで虫は草むらの日影に眠りぬ
その眠りを誰も乱すなかれ
ああ この美しき一時
夏の陽差しはなお明るしも
奔放なる揚羽蝶の舞い
その美しき紋様よ
山百合と鬼百合の咲き
なお夏は燃え盛っている
夏の日は青春のように輝いている
十分になお過ぎゆく夏の陽差しをあびよ
かくして静かな秋の光があり
その四季の喜びのなかに生きる
ああ 合歓の花よ
心地よくそこに咲くべし
故郷の山に夏の陽は没りゆく

 
posted by 老鶯 at 04:44| Comment(0) | 花の詩

2012年08月10日

ひまわりと芙蓉


ひまわり芙蓉

fuyouhimawari11.jpg

ひまわりに向き芙蓉が咲く
この夕べ風にそよぎゆれ
ひまわりに芙蓉は咲きぬ
二つの大輪の花の争うや
まことに争うことなし
その色を尽くして
おおらかに咲きぬ
その豊かなる個性は明きらかに
十分に満ち足りて咲きぬ
その花はともに映えつつ
いつまでもパラダイスに咲くだろう
揚羽蝶は奔放に舞いて楽園に休みぬ
明日もまた舞うだろう
なお明るい夏の陽差しに・・・

posted by 老鶯 at 20:35| Comment(0) | 花の詩

夏の盛りの花々



夏の盛りの花々

夏の盛り
今花々はその色濃くも
それぞれの個性をあからさまに
激しく競い映えあおうとしている
草深く藪甘草の真紅に
川の土手に黄色の夏菊の一面に
ひまりわに熱情的に立葵も咲く
夏の日は眩しく輝きわたり
それぞれの花の個性は熟して映える
燕が飛び交いヨリシキも暇なく鳴く
恋人は手をつなぎ屈託なく歩む
夏の盛り
花々はそれぞれの色に咲き誇る
今この花園にとがめるものはいない
激しい個性の情熱の色がひびきあう
個性を際立たせて咲き競う
作物の実りのなきも花々は映える
千輪のひまわりが我に向かって咲く
その花の力よ、我が下に集らむ
そこに希望のあるやもしれぬ
作物の実りはなけれども・・・
オランダがチュ-リップの国となりしごとくに

nayunohana11111.jpg

posted by 老鶯 at 20:30| Comment(0) | 花の詩

2012年08月07日

ひまわりの詩(信頼の花)


ひまわりの詩(信頼の花)


ひまわりは大地に伸びて咲く
すくすく力強く伸びて咲く
その大輪の花は信頼に満ちている
自信に満ちて咲いている
一点の疑いもなく堂々と
隠すことなくすべてを明らさまに
そこに暑い陽ざしが照りつける
十輪ほどのひまわりがた私に向かって咲く
その時安心があり病も癒える
みんな信じあって力強く咲いている
信じないものはその輪に入れない
人間も信じ合わなければ何事も成されない
一点の疑心をもってもすべてが崩れる
信じ合うことがすべての基礎である
信じ合わなければ何事も成せない
信じ合うことによって成らざるものも成る
大輪のひまわりが今日も私に向かって咲き
わたしは励まされ力づけられる
ひまわりは力を人々に与えつづける
人の世に絶望させられし者よ
大輪のひまわりを見よ
そのそびらに大いなる山は聳え
信頼の不動なる山は厳然と聳える
そして新たな信頼を回復させよ!

posted by 老鶯 at 00:47| Comment(0) | 花の詩